1. HOME

Newsletter

メルマガ

製品活用のヒントに!お客様の声
和幸電通株式会社

 ■ 事例提供企業 

会社名:和幸電通株式会社
住 所:〒690-0012 島根県松江市古志原2丁目22-14
電話番号:0852-24-6670
代表者:代表取締役 山下剛史
担当者:張木圭一
会社規模:従業員数73名
ホームページ:和幸電通株式会社 – 和幸グループ WAKO (wako-grp.com)

 主な事業内容 
官庁・民間・個人向けの電気、電気通信、消防施設の設計・施工・保守管理など

 会社の強み・得意分野な事業内容 
旧島根船用品株式会社の構内電話交換施設等の設計・施工部門から、昭和44年4月に分離独立、米子・浜田・出雲・松江・鳥取に拠点を拡充して現在に至ります。半世紀に亘り、地域の皆様に支えていただいたことに感謝し、さらなる地域社会への貢献をめざして「(いざという時) T(頼りになる会社)活動」を推進、最新の電気・防災・情報通信設備を、スピード感をもって提供しています。

 ■ 導入した製品と導入効果 
 導入した製品 
■拾いEX ライセンス数:2 ■本丸EX ライセンス数:25 ■二の丸EX ライセンス数:25 ■Writeレス ライセンス数:6

 導入前の課題 
●Excelで見積作成していたため、システム上で原価を把握できなかった。
●工事ごとの一件書類(注文書・契約書・安全書類・図面等)がバラバラに保管されていた。
●物件ごとの営業から現場への引き継ぎ内容にばらつきがあった。

 導入後どう変わったか? 
本丸で原価を把握できるようになった。
導入前に行っていたExcel管理では、書式や商品単価更新のタイミングを統一できなかったが、本丸では管理者がデータを変更するだけで、各担当者には負担をかけずに同じタイミングで変更でき、人的ミスが少なくなった。

物件ごとの必要書類の閲覧・管理が楽になった。
物件ごとの必要書類が案件書庫、書庫管理内に格納されるようになり、担当だけが保管場所を知っている状態がなくなった。

営業・技術・事務の引継ぎがスムーズになった。
物件台帳にメモ欄を設け、営業・技術・事務の各担当者が必要な情報を入力することで、スムーズに情報共有できるようになった。

 お客様の声 
本丸・二の丸のデータをCSV出力して弊社独自の原価表作成や会計システムへの連携を行っていますが、書類作成の時間がかなり短縮されました。業務の効率化に加えて、本丸のデータで収支予想を立てやすくなったことも導入してよかったと感じている点です。

今後はインボイス制度への対応にも活用していきたいと考えています。その他に、AI-OCRを使用して、請求書・領収書を自動的にクラウドに保存するシステムや会計仕訳の自動作成する予定です。