1. HOME
  2. ブログ
  3. 本丸
  4. 建設業、設備業の見積作成の効率化と競合する際の対応

BLOG

ブログ

本丸

建設業、設備業の見積作成の効率化と競合する際の対応

見積作成を効率化する方法とメリット

見積作成の効率化に活用できるツール

公共工事設計労務単価、標準歩掛などの積算基準や建設物価データの活用で、見積作成を効率よく作成できます。そもそも、公共工事積算基準には工事見積の内容を標準化し、品質、安全衛生のためのコストや労働者の賃金を守る効果があります。公共工事以外の見積でも、積算基準や建設物価データを基準に作成すれば、価格変動の相場をふまえた標準的な価格で見積もることができます。
建設業向けの見積作成ソフトでは積算基準をデータベース化して登録している製品があります。調べる手間が省けるほか、材料拾いのデータ取りこみ、歩掛の入力、単価や料率変更による自動計算などの便利な機能を備えた製品を活用すると、見積作成の作業を大幅に効率化できます。

見積作成を効率化するメリット

見積作成を効率化することで、見積担当者の業務負荷が軽減されます。現場代理人が見積作成している会社は多く、同時に経営者である場合もめずらしくありません。残業時間の減少や見積作成にかかっていた時間を別の業務にあてられるようになります。
従来よりも短時間で見積作成ができれば、急ぎの見積依頼にも無理なく、スピーディに対応できるようになり、受注機会の拡大や顧客対応の向上につながります。

関連記事